上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年、数々のMBA学校説明会に参加して「当たり!」と思った説明会の1つが
留学予備校アゴスにて開催されたのIESE(イエセ)説明会でした。

今年2011年は6月7日(火)19時半~@AGOSで開催されるそうなので、
スペイン志望、IESE志望の方はもちろん、
英語でのケーススタディの授業がどんな雰囲気か体験できる機会なので、
参加をお勧めします。(申込先→こちら

<お勧めポイント>
1)IESEの加瀬教授によるケーススタディ(英語)が受講できる
2)IESEは日本人学生を増やしたいと考えているので、
 加瀬教授と名刺交換しておくと後ほど有利。
1)IESEの加瀬教授によるケーススタディ(英語)が受講できる
MBA受験生の中には、
・ケースメソッドを用いた授業経験がない人
・英語での授業を受講したことがない人
それぞれそれなりにいます。
この両方を無料で体験できる機会がIESEの説明会になります。
志望大学がケースメソッドを採用しているのであれば、
進学後のクラスの進め方のイメージアップにもできます。

また、MBA受験を決意したものの、
MBAツアーや、学校個別の説明会での英語での説明に
どれだけついていけるか、不安を感じている人もいると思います。

AGOSでのケーススタディは、
・参加者がほぼ日本語話者
・教授もずっと英語を話している訳ではない
ので、緊張は強いられないはずです。
英語説明会への慣らし」としても適しています。

IESEの志望者は勿論、多くのMBA受験生にお勧めしたいのは、
リラックスした環境で、英語のケーススタディを体験できるためです。

2)IESEは日本人学生を増やしたいと考えているので、
 加瀬教授と名刺交換しておくと後ほど有利。

IESEは日本人学生を増やしたい!という強い思いがあります。
ayumuraの場合、教授から個別に出願しないか?というメールを頂きました。
(上記のケーススタディ中、
 英語で積極的に発言しようとしていたのも印象に残ったようです)

ayumuraは留学期間が原則1年という社費候補だったため
2年制プログラムであるIESEへの出願は許されなかったのですが、
IESEに興味のある方であれば、またとないチャンスだと思います。

社費派遣・公費派遣で、選抜された年度に必ず合格しなくてはいけない縛りがある場合、
合格可能性を高める機会として使えると思います。

IESE志望の方はもちろん、(欧州)MBA志望者・社費/公費派遣生は
参加してみることをお勧めします。
テーマ:MBA
ジャンル:学校・教育
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。