上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前から、ビザ手続きは煩雑だから、気を付けておくべき、、
そう思い、6月末から調べていたのですが。。
もしかするとプログラム開始に間に合わないかも、という状況に気づいてしまいました。

大使館のページには、
・ビザのための面接は渡航日の3週間前
・ビザ発給に最低でも2週間必要
と記載があります。

本日、大使館HPにある「ビザ申請予約システム」から予約をしたところ、
なんと最速で8月12日(金)の面接となってしまいました。。
事前の仏語学校開始予定が8月22日(月)、MBAプログラム開始日が8月29日(月)なので、
大使館の提示通りだとすると、いろいろと間に合いません。。

6月末に事前下調べをしたときには、
予約がそんなに埋まっていなかったので、つい安心していたのですが、
夏休みは予約が混み合う時期とのこと。

また、キャンパスフランスの手続きが終わらないと、大使館でのビザ面接予約ができない、
と思い込んでしまっていたのもありました。

実際はキャンパスフランスの手続きとは無関係に、
予約だけは先にとることができた
し、
いったん取った予約も変更・取消が可能なので、
見込みで予約してしまっておくのでした。。

ちなみに、大使館のHPにある「ビザ申請予約システム」には2種類あります。
MBA留学で必要になるビザは「長期学生ビザ」なのですが、
このビザのみ予約システムがです。

当初ayumuraは「長期学生ビザ」以外の予約システムで予約をしてしまい、
8月5日(金)しか取れずにがっかりしていたのですが、
ほどなくして予約システムが2種類あることに気づき、5日の予約をキャンセル。。
長期学生ビザ用のシステム上では12日(金)が最速とわかり、今度は焦りが。。

すぐにビザ取得まずいかも!という状況を勤務先の人事部にメールしました。
即コールバックがあり、勤務先が契約している旅行代理店の査証担当に
なにか手はないか相談してみてはどうか?とのアドバイス。
とりあえず、問い合わせメールを旅行代理店に投げて失意の帰宅です。

じたばたしても状況は変わらないので、とりあえず明日の返信を待つことにします。
テーマ:MBA
ジャンル:学校・教育
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。