上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の午後、フランス大使館のHP上で発給決定を確認できたので、本日午前、三度目のフランス大使館詣でをしてきました。

9時に到着し、入口で手荷物チェックを受けて9時20分頃ビザセクションオフィス内へ。

前回大使館に来たときに、長期学生ビザが添付されたパスポートの引き取りは、4番窓口で手続きすると確認していたのですが、今日は窓口に人がいませんでした。4番窓口を覗き込んだりして、パスポート引き取りを無言でアピールするも、特に反応ないので、しばらく様子を見ていました。

9時40分頃でしょうか、3番窓口の申請手続きが済んだのを見計らって、再度ビザ引き取り用の書類をちらつかせると、窓口の方が「ビザ引き取りの方はまず紙を提出してください。順番にお呼びします」と声かけ。すかさず書類を提出し、5分ほどで長期ビザ付のパスポートを回収することができました!

(通常は4番窓口に人がいて、そこで書類を提出すればいいのでしょうが、お盆前後だったせいか人が足りなかったのかもしれません。)

7月末に、ビザ面接が8月12日(金)になると知ったときは、正直かなり焦りましたが、
こうして無事にビザが出て、本当にほっとしています。

まあ、ほっとするのもつかの間、今晩の深夜便で日本を発つので、怒涛のパッキングが待っているのですけどね。。
スポンサーサイト
テーマ:MBA
ジャンル:学校・教育
水曜夜になっても、木曜午前中も、フランス大使館のHPにあるビザのページから確認できる
「申請したビザの進捗状況」が「being processed」のままでさすがのayumuraもやきもきしていたのですが、
ついに木曜午後1:45頃、ステータスが変わりました!

The decision concerning your application has been reached. If it has not yet been communicated to you, you may as of now visit the Visa Section of theFrench CONSULATE in TOKYO(*)

(*) When you submitted your visa application, if you said you intended to collect your visa from another diplomatic or consular representation, you should also contact that representation before going there.


ちょっとわかりにくい英語ではありますが、ビザ発給決定したので、ビザセクションまで取りに来なさい、ということです。(なお、仏大使館のページでは、申請時に郵便書留用の返信用封筒持参を推奨されていますが、ぎりぎり申請の場合は、書留ではなく、出向いて回収するほうが早いですね)

ビザセクションでの引き取りは、平日9時~11時版の間に、申請時にもらった控えを持参する必要があります。
明日19日(金)フランス大使館でパスポートと共に回収し、同日飛行機に乗る、ということになりました。

ともかくビザ発給が間に合った、本当に良かった!!
一連のビザ申請記事がフランスビザ手続きがぎりぎりになっているみなさんの参考になりましたら幸いです。
テーマ:MBA
ジャンル:学校・教育
本日フランス大使館・ビザセクションでの面接が、書類不備なく完了しました。^^この後、大使館の審査部署による審査に入るので、まだ安心はできませんが、長期学生ビザ入手に向けて一歩前進です。

予約時間は9:00。
混み合うと聞いていたので20分前の到着を予定していたのですが、出かけに部屋の鍵が見つからず10分ほどタイムロス。。焦りました。。

大使館に到着したのは8:53頃でしょうか。遅刻しなかったのは良かったのですが、大使館のビザセクション前にはすでに16人もの人がいて驚きました。8月3日に9:30のキャンパスフランス面接に来たときは、こんなに人が並んでいなかったので、やはり時期的に混み合っているのかもしれません。

ayumuraが建物の中に入れたのは9:15頃。5分程度で3か所ある窓口の一つに呼ばれて書類確認が始まりました。一番気にしていた住居証明ですが、3か月ぶんのホテルのコンファメーション(滞在日時と住所が明記されていればOK)で大丈夫でした。

その場で写真撮影・ビザ申請代金の支払(約5600円)・指紋の取得を行い無事終了。

係の方からは「この後審査部署で審査し2週間くらいでビザが出ると思います。進捗状況はWebで確認できます。」と通りいっぺんの説明。書類の確認時にフランス入国日が8月20日であることを確認していたのは見ていましたが、ここは念押ししよう、と思い「渡航日が8月20日なので日にちが迫っているのですが」と口頭でも伝えました。すると「確かに、渡航日すぐですね。でもそもそも許可が下りない可能性もありますし、通常は2週間かかります」とまたもや型どおりの説明。まあ認識してもらっているので良しとしましょうか。

また事前に600円切手を貼った返信用封筒を準備しておけば、ビザ申請のために預けたパスポートを書留で返送してくれるのですが、渡航日が迫っている場合は、書留ではなく、申請者本人が大使館に来て引き取る方が早い、とのことでした。なおビザ引き取りも平日の9:00~11:30までの間限定だそうです。

大使館から戻ってきてからWebで調べたところ、ビザ申請状況システム上、面接から3日で発給OKとなり、そのさらに3日後に書留でパスポート返送された、という事例がありました。3日後、というと8/17(水)かしら?

8/18(木)は航空便発送日なので、可能なら17(水)に引き取りに行きたいところです。が、ビザセクションにて「8/15(月)は休み」という張り紙を見かけました。。
ものすごくぎりぎりではありますが19(金)に引き取りでも渡航に間に合うことは間に合う。。

しばらくはフランス大使館のビザ進捗状況をこまめに確認する日々が続きそうです。
テーマ:MBA
ジャンル:学校・教育
本日フランス大使館での「キャンパスフランス面接」が無事完了しました!
次回、8月12日(金)にもう一度フランス大使館に行き、
「ビザセクション」にてビザ面接を受け、
書類不備などなく、発給まで1週間でいければ8月20日(土)の渡航に間に合います。
(まだまだ綱渡りですね^^ゝ)

フランス大使館につくと、すぐ左手にあるビザ・セクションが目につきますが、
キャンパスフランス面接を受けるのは奥の建物
警備の方にキャンパスフランス面接に来た旨を伝え、
パスポートと引き換えに臨時入館証をもらいます。

中に入るときには、空港さながらの荷物チェックがあります。

奥の建物に入ると受付があり、そこで予約時間を告げると
時間まで待つように指示されます。

面接時間になると、面接担当の方(日本人)が呼びに来てくれました。

面接は15分程度でしょうか、
・事前にWeb入力した内容の確認
・事前に郵送した書類の原本確認
・語学力の簡単なチェック(留学先学校で主に使う言語)
がありました。

語学力チェックは、すでに持っている資格試験の確認に加え、
・留学先での学習計画を簡単にプレゼンテーションしてください
と言われたので、1分程度、英語で現地で取りたい選択科目の話をしました。

実はフランス語でも簡単に自己紹介するよう指示がある、と他の方のブログで見ていたのですが、
仏検を受験してたり、大学時代に(第三外国語として)授業履修経験があったせいか、
この質問は来ませんでした^^ゝ

キャンパスフランス面接はつつがなく終わり、
最後に思い切ってビザ面接を今日できないか聞いてみました。
大学側の書類送付も遅めで、7月末の予約で8月12日しか確保できなかった事情を説明。
面接担当の方も、確かにここのところ予約が混んでしまって。。との同情的な反応。

とはいえ、キャンパスフランス面接員の方としては裁量があるわけではないので
確実なことは言えないが「ビザセクション」窓口にて確認はしてみてくださいとのことでした。

意を決して、いざビザセクションへ!
入口の警備の人に事情を話し始めると、、、
「さっきの男の人もそうだったんだけど、予約のない人は通せません。
一人例外認める訳にはいかないので。」
とのっけからけんもほろろ。。。

「渡航日が迫ってるんです!」と少し食い下がってみたものの、
「8月12日に来たときに、間に合うように伝えてください!」
と言われて引き下がってきちゃいました。。

後からふりかえると、キャンパスフランスの方には、
大学側の手続きが遅かったこと、等事情を伝えたのに、
警備の方には伝え損ねていたことに気づきました。。
(一度キャンパスフランスの方に事情を伝えたことですっきりしちゃったせいもあります。。)
もう少し頑張ってみてもよかったのかもしれません。。

ということで、ビザ面接前倒し作戦は、、失敗

まあ、今日、ビザ面接があっても大丈夫なように書類はそろえてあるので、
12日までは他の渡航準備をがんばろうと思います。
テーマ:MBA
ジャンル:学校・教育
フランスビザ申請時に、フランス到着日から3か月間の滞在先の証明が必要なのですが、
もちろん現地住居は決まっていないので、
仏大使館のFAQページにある通り、ホテルの予約書を3か月分準備しました!

最初、3か月ぶんも本当に予約するのか?住居を決めるまでの数日分でよいのでは?
と思っていたのですが、
旅行代理店のビザ担当の方から、文字通り3か月ぶん予約が必要と聞いたので、
その通り準備をしました。
もちろん、ビザ発給後、予約はキャンセルすればよいわけですね。

当初、3か月分も予約するなんて大変だ!と思いましたが、
ホテル代金って通常チェックアウト日に支払うもの。
予約時に、予約保証のためにカード番号等求められますが、
代金支払いは一切発生しません。安心して(?)予約しましょう。

ホテルによっては、一回の予約で30泊までしか予約できないところもあるので、
そういうケースは分割して予約を取ればよいです。(わたしは予約が5分割になりました^^ゝ)

ホテル予約で気を付けるべきなのは、
予約変更・取り消しができないことを条件に最安値を提示するプランがあること。
必ず予約取り消しができる価格で予約確保してください。

明日はいよいよキャンパスフランス面接!遅刻しないように気を付けないと^^
テーマ:MBA
ジャンル:学校・教育
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。